You are here
Home > 話題 > 「親が死ぬ」共産党運動員が小学生に安保法反対署名を要求していた

「親が死ぬ」共産党運動員が小学生に安保法反対署名を要求していた

署名 画像

ちょっと目を疑ってしまう様なニュースが飛び込んで来たので、書くことにしました。こういう場合、「強要」に当たらないんでしょうか。
機会があれば法律家に聞いてみたいと思います。

SPONSERD LINK

共産党運動員が小学生に署名要求

東京都足立区で昨年6月、路上で署名活動をしていた共産党の運動員が帰宅途中だった複数の児童に、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆 弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと話しかけ、安全保障関連法案への反対署名を求めていたことが9日、分かった。同区の共産区議団側は「行き過ぎだった」と 非を認め、保護者に謝罪した。

区教育委員会などによると、昨年9月に成立した安保関連法の国会審議が続いていた同6月下旬、学童保育から別々のグループに分かれて帰宅途中だった区立 小学校の児童計約10人に、地元商店街の路上で安保関連法案の反対署名活動を行っていた運動員が相次いで声を掛け、署名を求めた。

児童は主に1、2年生で、署名に応じた児童もいたが、「(戦争になれば)お父さんやお母さんが死ぬ」と言われ、帰宅後に恐怖で泣いていた児童もいたという。保護者から相談を受けた学校側は教員を現場に向かわせ、駆けつけた保護者とともに抗議したところ、運動員は謝罪し、署名活動を取りやめた。

共産区議団によると、運動員は近寄ってきた児童に先の大戦の沖縄戦などを説明した上で「戦争になったら爆弾が落ちてくる。困るでしょ」などと言って反対署名を求めたという。

運動員を知る共産の男性区議は「組織的行為ではない。署名を集めたいという気持ちが高じてやってしまったのだと思うが、やり過ぎだった」と話している。

一方、区教委は「子供は『両親が死ぬ』と言われれば怖くなって署名する。本来の署名活動の目的から外れたものだ。一定の知識を持った段階になってから是非を判断させるべきで、子供への署名活動には配慮してほしい」と批判した。
-産経新聞
http://www.sankei.com/life/news/160610/lif1606100001-n3.html

また、産経新聞では「安保法、児童に反対署名要求 意味分からぬまま…各地で相次ぐ」という記事もありました。以下、簡単に抜粋します。

各地で起こる児童への署名要求

福岡県水巻町教育委員会によると、共産党の女性町議が昨年6月4日と11日夕、町立小学校近くで帰宅途中の児童に署名を求め、その後保護者に謝罪。
東京都世田谷区では今年4月、区立小学校の低学年の男子児童が下校途中、年配の女性から「戦争は嫌だよね」と用紙への記入を求められ、意味が分からないまま応じた。
千葉県の県立高校で3月、元教諭の男性が無断で持ち出した生徒の個人情報を使い、安保関連法廃止の署名を要請する封書を卒業生に送付。
北海道苫小牧市の道立高校で4月、教員が校門前で生徒に同法反対を呼びかけるビラを配って署名を求める

まとめ

今回の様な事は目的の為とは言え、あまりにも行き過ぎていると思います。
議席を伸ばした共産党ですが、「SEALDs」との関係など色々考えてしまうような問題が多いですね。
※共産党とSEALDsとの関係はこちらで詳しく書かれていました

しかし・・・足立区色々あります・・・。

<以下追記>

長野県代表 ふじおか義英氏が次のようにツイートされておりました。

「産経という報道機関としてのマナーの低さを表した記事だ」


↑暫くしたらツイート削除しそうですが。

なるほど。
しかしながら、少し言わせていただくならば「戦争、親死ぬ」と言って小学生低学年を泣かせるような共産党運動員の方こそ「マナーの低さを表している」と思いませんか。こういう場合、素直に謝っておいた方が潔いと思いますよ。

0
Pocket

SPONSERD LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top