You are here
Home > 話題 > 舛添要一氏の疑惑をまとめてみました

舛添要一氏の疑惑をまとめてみました

舛添知事

何かとテレビを賑わしている「舛添要一」都知事。辞任までカウントダウンはあと何日?。

たけしさんの番組「TVタックル」に出演されていた頃には政治家に、と期待したものです。(遠い目)

政治資金の私的流用なんて「号泣議員」とやっている事は同じですよ。

連日報道される「疑惑」が一体どれぐらいあるのかまとめてみました。

SPONSERD LINK

舛添要一氏とは?

舛添要一(ますぞえよういち、1948年〈昭和23年〉11月29日‐)は、日本の国際政治学者、政治家。東京都知事(第19代)。株式会社舛添政治経済研究所所長、社団法人地域経済総合研究所評議員。参議院議員(2期)、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣(第8・9・10代)、新党改革代表(第2代)などを歴任した。

舛添要一氏の疑惑の支出一覧

※「総計」は今回独自に掲載しました

月日 支出名目 支出額 総合計
2010 8月20日 一の俣温泉観光ホテル(山口県下関市) 76,077 76,077
9月 欧州視察「ベルギーのデパート」「スウェーデンの手工芸店」 109,820 185,897
2011 1月3日 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 195,167 381,064
1月16日 自宅近くのイタリア料理店 34,265 415,329
4月1日 高島屋 178,710 594,039
8月19日 タクシー代(沖縄) 25,000 619,039
8月20日 沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ 119,822 738,861
9月7日 喫茶店(東京・赤坂)
※会見でコーヒー代→サンドイッチ代だったと修正
18,000 756,861
10月9日 コミック『クレヨンしんちゃん』 400 757,261
10月9日 コミック『イナズマイレブン スペシャル』 499 757,760
10月14日 虎屋 41,994 799,754
10月19日 ホテルセントラーザ博多 58,199 857,953
2012 4月24日 中古車両代 985,000 1,842,953
5月7日 車両修理整備代 400,390 2,243,343
5月15日 中古車両代 990,000 3,233,343
8月13日 花衣の館 日光千姫物語 83,985 3,317,328
12月16日 湯河原の回転寿司店 16,560 3,333,888
2013 1月3日 龍宮城スパホテル三日月(千葉県木更津市) 237,755 3,571,643
1月24日 イタリア料理店 40,590 3,612,233
3月23日 回転寿司店 15,560 3,627,793
4月28日 回転寿司店 15,190 3,642,983
5月2日 自宅近くの天ぷら店 18,050 3,661,033
6月1日 イタリア料理店 16,665 3,677,698
8月16日 天ぷら店 17,700 3,695,398
8月26日 イタリア料理店 56,090 3,751,488
2014 1月2日 龍宮城スパホテル三日月 133,345 3,884,833
1月10日 天ぷら店 16,800 3,901,633
1月22日 舛添政治経済研究所ハウスクリーニング代 281,500 4,183,133
3月~4月 似顔絵和菓子(収支報告書:グローバルネットワーク研究会) 98,552 4,281,685
4月15日 イタリア料理店 83,416 4,365,101
2012~14 資料代(美術品・骨董商)※ 1,409,184 5,774,285
2013 ヤフオク(少なくとも計9件) 310,000 6,084,285

判明している分を合算すると、「約600万円」にもなりました。
報道されているのは氷山の一角っぽいので、今後色々増えそうですが・・・

※「舛添要一東京都知事を刑事告発しました!(落選運動を支援する会)」によると、

美術品、絵画、骨董品、額縁など合計578万7764円

と書かれておりますので、総合計は資料代を「+4,378,580円」した「10,353,045円」(5/27現在)

喫茶店の支出額「18,000円」なんて明らかにおかしいですね。
「0」を一つ書き加えたか、そもそも領収書の偽造なのか・・・明らかにして欲しいと思います。
(コーヒーは1杯400円らしいので、1万8000円となると45杯も飲んだ計算になります)

(6/13以下追記)
森本哲也弁護士の会見で、喫茶店の領収書は「早朝の勉強会として開催された政治資金パーティーの朝食のサンドイッチ代と確認された」とのこと。
スポーツ報知によりますと、これらを実際に当該喫茶店へ取材されたようです。

5年前に政治資金として計上した喫茶店の1万8000円の領収書について、6日の会見で元検事の森本哲也弁護士は「大きく報道されているコーヒー45杯分ではなく、早朝の勉強会として開催された政治資金パーティーの朝食として提供されたサンドイッチ代と確認された」と説明。これを受けての検証となった。

番組では当該喫茶店を取材し、タマゴサンドは1人前600円で、30人前相当であるとした。店員は「覚えてない」としながら「普通は飲み物とセット。タマゴサンドだけで30人前を注文するなんてないはず」と証言。同店のタマゴサンドを実食し「確かにこの店のタマゴサンドはしっとりしていてうまい。しかし味も濃く」と“食レポ”も。

さらに、30人前のサンドイッチを作るのがどれだけ大変かを調査。同店では実現できず、他に45店に断られながら、ある店で注文を受けてもらった。食パン120枚、タマゴ40個を使用し、できあがるまで約2時間かかった。これだけの労力がかかる受けたくない注文なら「絶対に記憶に残ります」との店員のコメントを紹介し、弁護士の説明との不一致を強調した。

こんな茶番に時間を使うぐらいなら、さっさと「百条委員会」を設置して対応した方がいいと思うのですが。できない理由がどこにあるのかは大体察しがつきますが・・・
都議会方々には、追及している熱意を、都民の為に行政サービスの向上を図ることに向けて欲しいと思います。

舛添要一氏のその他の疑惑・騒動

舛添要一 東京都知事のロンドン ・ ベルリン出張費 6976万円
舛添要一 東京都知事のパリ ・ ロンドン出張費5042万円
2014年度 計6回の「海外出張経費」は、合計約1億8000万円。

自宅兼事務所の家賃「自らのファミリー企業」に3500万円超。

2012~13年、当時代表を務めていた「新党改革」から「組織対策費(組対費)」の名目で、政党交付金を含む1050万円の政治資金を受け取っていた。
(政治資金規正法では、「組対費」として党が議員個人に出した資金は、使途を開示する必要がありませんが・・・)

2014年の都知事選の期間中、新党改革から約400万円の政党交付金をねこばば。
新党改革を離党し、無所属で出馬→新党改革支部から自身の資金管理団体に政党交付金を移動させている。

2016年4月までの 1年間に「公用車で湯河原の別荘」に計48回行き来していた。

新宿区矢来町にある「都立市ヶ谷商業高校の跡地」6100平方メートルの土地を、「在日韓国人への教育を行なう東京韓国学校の増設用地として来年4月から貸し出す」方針であることを発表。

2度の離婚・愛人(石原元都知事の発言の背景)

愛人A
2度目の結婚中に不倫。舛添との間に子供1人(長男)。愛人B
舛添との間に子供2人(長女、次女)。

舛添要一氏の疑惑騒動の感想

東京都民の保育所問題(待機児童解消)よりも、他所の国を優先?
全く理解できません。

また「在日疑惑」もあるようですが、ソースが見つかりませんでしたので今回は扱いません。

また、第三者委員会に「元検事の弁護士2人を選任した」とのこと。
罪逃れをするための人選ではないと思いたいところですが、もはや信用する気もおきません。

お金を某議員さんの様に全額返済した上で、今後はしっかりと事実を明らかにしていただきたいと思います。

プライベートな食事代等は「自分の給料」から出すのが当たり前だと思うんですが・・・
税金をご自身の口座か何かと勘違いされているのでしょうね。

ネットで揶揄されているように、「舛添不要一」と言われても仕方ないかと。

0
Pocket

SPONSERD LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top