You are here
Home > 話題 > 【せか猫】主題歌のHARUHI(歌手)さんのプロフィールに驚き

【せか猫】主題歌のHARUHI(歌手)さんのプロフィールに驚き

HARUHI 歌手 画像

5月14日に公開された映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌でデビューした17歳の新人シンガー・HARUHIさん。
実はご両親が音楽プロデューサーの「小林武史」氏、My Little Loverの「akko」さんであることが判明しました。
サウンド的に小林武史さんが関わっている事はすぐに分かったのですが、まさか娘さんだとは思いませんでした。

SPONSERD LINK

HARUHIさんのプロフィール

HARUHI 歌手 画像

1999年2月25日 ロサンゼルス生まれ。現在17歳。
12歳の時、学校のミュージカルの主役に抜擢され、数ヶ月間の練習と本番を経て歌手への志を持つ。
13歳から楽曲制作を開始。
その後、ライブやレコーディングで、ミュージシャン達とのコラボレーションを通して柔軟さを身につけ、楽曲によって英語と日本語のバランスを取りながら、「HARUHI」としてのスタイルを創りだし、新しいJ-ROCKの誕生をも確信させるに至る。
映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に「ひずみ」が決定し、2016年5月デビュー。

Official HP : www.haruhi99.jp

デビュー曲の「ひずみ」

「日本語詞の歌を歌うのは初めて」というHARUHIさん。
あどけない歌い方はakkoさんに、歌声は小林武史さんが関わっている「Salyu」さんに近い(活動時期も確か同じぐらいの歳)と感じました。

salyu 歌手 画像
salyuさん(公式より)

父は「小林武史」母は「akko(マイラバ)」

HARUHIさんがデビューする時にこれらご両親についての報道がされなかったのは、「親の力を借りずに!」という意向でしょうか。確かに、「親の七光りでごり押し」されるよりも、後だしの情報でよかったなと思います。(あくまで実力がある場合になるでしょうが)

ご両親に、少しだけ触れておきます。(どちらも大ファンなもので)

父:小林武史

山形県新庄市出身の音楽家、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト。

主に手がけたアーティスト
サザンオールスターズ
Mr.Children
MY LITTLE LOVER
Salyu
一青窈

母:akko

東京都で生まれ、神奈川県伊勢原市で育った。血液型はAB型。本名は赤松 亜希子(あかまつ あきこ)

そう言えば、akkoさんも情報が少ないですよね。

姉:越野アンナ

ちなみに姉は『anderlust』という、マイラバと同様の男女2人のユニットを組む「越野アンナ」さん。

anderlust 画像
越野アンナ(左)

まとめ

個人的に申しますと、「ずいぶん前からJ-POP界は死んだ」と思っておりますが、HARUHIさんはお金を払ってでも生歌を聞いてみたい少ないアーティストだと思います。また、ビジュアルが男前すぎます・・・同性から支持され、ファンも多くなりそうな予感。

これからの活躍に注目ですね。いつかご両親とコラボ作品を期待しております。

0
Pocket

SPONSERD LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top