You are here
Home > WEB制作 > 【WP】カテゴリーの説明文でHTMLを使う方法

【WP】カテゴリーの説明文でHTMLを使う方法

はい、ご無沙汰しております。
現在制作中のサイトではカテゴリーページに「説明文」が表示される仕様になっております。

category1-pre

ワードプレスの標準仕様では、カテゴリー説明文に「HTMLタグ」は使えません

場合によっては、「HTMLタグを使いたいのになぁ・・・」と悩む場合があります。
今回はそんなお悩みを解決する、「カテゴリー説明文でHTMLタグを使えるようにする方法」をご紹介します。

SPONSERD LINK

方法1:「function」にコードを追加

カテゴリーの説明欄でHTMLタグを利用できるようにするには、functions.phpに以下のコードを追加します。

functions.php

これでHTMLタグが使えるようになります。ただし、この方法だとあくまでもタグを理解し、入力できる人の場合に限ってしまいます。

もっと簡単に入力したい方は次をご覧下さい!

方法2:「Rich Text Tags」プラグインを使う

「Rich Text Tags」は、カテゴリーだけでなく、タグの「説明」欄でビジュアルエディタが使えるようになるWordPressプラグインです。
ビジュアルエディタを使って説明欄に入力ができるようになるので、画像の挿入や、装飾など、普段の投稿時と同じように操作できます。

ダッシュボードから「プラグイン>新規追加」画面へ移動します。

プラグインインストール方法1

検索窓に「Rich Text Tags」と入力し、エンターキーを押します。

Rich Text Tags

「今すぐインストール」をクリックし、「プラグインを有効化」をクリック。

Rich Text Tags

以上で「Rich Text Tags」のインストールは終了です。

Rich Text Tagsの使い方

Rich Text Tags」は有効にするとすぐに使えます。特に設定項目等はありません。

ダッシュボードから「投稿>カテゴリー」画面へ移動してみましょう。

説明欄にビジュアルエディタ機能が追加されているはず。

Rich Text Tags有効

これで記事を書いた事のある人なら、何となく使いこなせるのではないでしょうか。
画像の挿入もボタン一つで出来るので、楽ですよね!

ついでにカテゴリー(タグ)の出力方法をご紹介しておきます。

カテゴリーとタグの説明文を出力する方法

カテゴリーの説明文の出力

特定のカテゴリー説明文を表示したい場合

※カテゴリーIDは半角数字

タグの説明文の出力

特定のタグ説明文を表示したい場合

※タグIDは半角数字

上記コードをarchive.phpなどに書くと、各説明を出力することが出来ます。

カテゴリー(タグ)の説明文でHTMLを使う方法のまとめ

  • タグを理解し、入力できる人は「functionにコードを追加」。
  • いつも通りの方法で入力したい人はプラグイン「Rich Text Tags」を使う。

いかがでしたでしょうか。お役に立てれば幸いです。

0
Pocket

SPONSERD LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top