You are here
Home > WEB制作 > WordPress > プラグイン > 【WP】ウィジェットでPHPを使える「PHP Code Widget」プライグイン

【WP】ウィジェットでPHPを使える「PHP Code Widget」プライグイン

CODE-PHP 画像

はい。WEB制作以外の事ばかり最近書いていてごめんなさい。WEB制作の記事書きます、書けばいいんでしょ・・・

ワードプレスの機能のひとつ、「ウィジェット」。様々な機能を簡単に追加、削除ができますよね。
ただ、初期状態では問題が・・・それは・・・

PHPが使えない」

結構、これって不便です。
ですので、今回は「ワードプレスのウィジェットでPHPを使う方法」をご紹介します。

固定ページや投稿ページ内でも「PHPを使えるようにする」場合と、「ウィジェットだけPHPを使うようにする」場合とでは使用するプラグインが異なります。

今回は「ウィジェットだけ」をPHPが使えるようにする方法の紹介となります。

PHP Code Widgetをインストール

ダッシュボードから「プラグイン>新規追加」画面へ移動します。

プラグインインストール方法1

検索窓に「PHP Code Widget」と入力し、エンターキーを押します。

PHP-Code-Widget-1 画像

「今すぐインストール」をクリックします。

PHP-Code-Widget-2 画像

「プラグインを有効化」をクリックします。

PHP-Code-Widget-3 画像

以上でインストールは終了です。

PHP Code Widgetの使い方

ダッシュボードから「外観>ウィジェット」画面へ移動します。

PHP-Code-Widget-4 画像

「PHP Code」ウィジェットを追加します。

PHP-Code-Widget-5 画像

「Automatically add paragraphs.」のチェックは入れないようにしましょう。(チェックを入れると自動的に段落を追加します。)

PHP-Code-Widget-6 画像

後はPHPを書いて「保存」すれば完了です。(HTMLも使えます)

いかがでしたでしょうか。お役に立てれば幸いです。

0
Pocket

SPONSERD LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top