You are here
Home > WEB制作 > WordPress > プラグイン > 【WP】WordPress Related Postsプラグインの見出しを変更する方法

【WP】WordPress Related Postsプラグインの見出しを変更する方法

ワードプレスプラグイン 画像

関連記事を表示できる便利なプラグイン「WordPress Related Posts」。初期設定だと、見出しのタイトルに「h3」タグが使われています。
このままでは「Table of Contents Plus」などを使用する際に、見出しとして表示されてしまうので、変更することにしました。
そこで、今回は「WordPress Related Postsの見出しを変更する方法」をご紹介します。

SPONSERD LINK

WordPress Related Postsについて

「WordPress Related Posts」のインストール方法は以前ご紹介しておりますので、割愛します。
まだの方は以下をどうぞ。

【WP】関連記事を表示できるプラグイン「WordPress Related Posts」

WordPress Related Postsの表示を確認しよう

改めて「WordPress Related Posts」の見出しの表示形式を確認しておきましょう。
(『それよりもカスタマイズ方法を!』とお急ぎの方は次へどうぞ)

WordPress Related Posts 見出し画像

ソースは以下の様になっています。

WordPress Related Postsプラグインの見出しを変更する

私は記事を書く場合、だいたい「h2~h4」タグを見出しとして使います。(h1タグは常にワードプレスで使用されていますので、使わないようにしましょう。)
ちなみに、「Table of Contents Plus」プラグインの設定で「h2~h4」を記事で使用すると、「目次」として自動で表示するように設定にしています。
その為、「目次」には『関連記事』へのリンクは必要ないと思いますので、今回「p」タグへ変更したいと思います。

「ダッシュボード」から「プラグイン>インストール済プラグイン」画面へ移動します。

WordPress Related Posts 見出し画像2

インストール済プラグインの中から「WordPress Related Posts」を探し、『編集』をクリックし「プラグインの編集」画面へ移動します。

WordPress Related Posts 見出し画像3

次に「wordpress-23-related-posts-plugin/init.php」というファイルを探し、クリックして開きます。

WordPress Related Posts 見出し画像4

続いて、「wordpress-23-related-posts-plugin/init.php」の中から「related_post_title」と書かれた箇所を探しましょう。
ページ内検索は「Ctl+F」で簡単にできます。便利ですので、覚えておきましょう。

これを、次の様に変更します。(今回ご紹介するpタグ以外を設定したい場合は、お好みのタグを設定して下さい)

最後に、動作確認をしておきます。

WordPress Related Posts 見出し画像5

無事、「p」タグで表示されるようになりました。
独自のCSSを設定してある場合は、クラスも変更されますのでご注意下さい。

以上、「WordPress Related Postsプラグインの見出しを変更する方法」をお伝えしました。

 

1+
Pocket

SPONSERD LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top