You are here
Home > WEB制作 > WordPress > プラグイン > ワードプレスプラグインで記事閲覧数を表示させる「WP-PostViews」

ワードプレスプラグインで記事閲覧数を表示させる「WP-PostViews」

ワードプレスの管理画面に「○○ Views」のような記事閲覧数を表示できるプラグイン「WP-PostViews」をご紹介します。

WP-PostViews」で表示される閲覧数は、投稿から現在までの「累計表示」になりますが、カスタマイズ次第で「人気記事」を紹介したりするのに役立ちます。

SPONSERD LINK

WP-PostViewsプラグインのインストール

ダッシュボードから「プラグイン>新規追加」画面へ移動します。

検索窓に「WP-PostViews」と入力し「Enterキー」で絞り込みます。

WP-PostViews インストール方法1

WP-PostViews」の「今すぐインストール」をクリックするとインストールが始まります。

WP-PostViews インストール方法2

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。

WP-PostViews インストール方法3

ダッシュボードから各記事の閲覧数を確認する

WP-PostViews」プラグインを有効にすると、「投稿一覧」や「固定ページ一覧」で「日時」の右側に「Views」が追加されます。

WP-PostViews4

 

WP-PostViewsプラグインの設定方法

WP-PostViews」は「設定>PostView」画面から設定を変更することができます。

PostView 設定1

Count Views From:カウントする対象を指定

Guests Only:一般ユーザー
Everyone:全て
Registered Users Only:ログインユーザーのみ

Exclude Bot Views:Bot(検索エンジンのクローラー)をカウントに含めるかどうか

Yes:BOTも数える
No:BOTは数えない

Views Template:閲覧数表示設定

Views Templateでは閲覧数を個別ページ等に表示させる場合の設定ができます。

初期設定では以下のようになっています。

これを「○○ビュー」と表示させたい場合は、次の様に変更します。

個別ページ等に表示させるには、テンプレートに次のコードを閲覧数を表示させたい箇所に追加します。

Most Viewed Template:ランキングの表示設定

Most Viewed Templateではウィジェット等でランキング表示の設定ができます。

初期設定は以下の通りです。

使用できる変数は次の通り。

%VIEW_COUNT%:カウントを表示
%VIEW_COUNT_ROUNDED%
%POST_TITLE%:投稿タイトルを表示
%POST_DATE%:投稿日付を表示
%POST_TIME%:投稿時間を表示
%POST_EXCERPT%:投稿内容の抜粋表示
%POST_CONTENT%:投稿内容の全文表示
%POST_URL%::投稿URLを表示
%POST_THUMBNAIL%:アイキャッチ画像を表示

Display Options:ページ毎に閲覧数を表示するかどうか

Display to everyone:すべてに表示
Display to Registered users only:ログインユーザーのみ
Don’t display on home page:表示しない

WP-PostViews日本語翻訳ファイルの配布

重要があるのか分かりませんが、自分用に「Post Views日本語化」する翻訳ファイルを作成したので置いておきます。

ご利用の際は、ファイルを解凍後、「wp-postviews-ja」フォルダ内の「wp-postviews-ja.po」と「wp-postviews-ja.mo」の2ファイルを「ドメイン名/wp-content/plugins/wp-postviews」へ配置して下さい。

WP-PostViews日本語化1

ファイル名も設定してありますので、配置後にすぐ日本語化されると思います。

もし、不具合等がありましたらコメント欄からご報告いただけますと、対応させていただきます。

WP-PostViews日本語翻訳ファイル

2+
Pocket

SPONSERD LINK

One thought on “ワードプレスプラグインで記事閲覧数を表示させる「WP-PostViews」

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top