You are here
Home > Windows > Windows10の新機能「仮想デスクトップ」を使いこなそう

Windows10の新機能「仮想デスクトップ」を使いこなそう

Windows10 ロゴ画像

色々な作業を平行して行っていると、一番恐ろしいのが操作ミス。だいたい私は仕事中に平均「3~4サイト」の修正や更新を同時に行っていますが、その作業中に緊急の別件を依頼されることも多々あるので、気づいたらウインドウが大変な事になっていたりします。

しかし、Windows10の新機能である「仮想デスクトップ」を使い出し、平行作業の効率がかなり良くなりました。

そこで、今回は「Windows10の仮想デスクトップ」の使い方をご紹介します。

SPONSERD LINK

仮想デスクトップとは?

仮想のデスクトップ画面をOS(Windows10)内に複数作成し、切り替えることで平行作業を効率良く行う事ができます。

仮想デスクトップでは、同じプログラムを複数起動させることもできます。

(例:ある日の午後のわたくし)

サイトAに関する作業

デスクトップ1で行う(FTP1:サイトA接続、エディタ1、フォトショ1を起動)

サイトBに関する作業

デスクトップ2を作成し、行う(FTP2:サイトB接続、エディタ2、フォトショ2起動)

サイトCに関する作業

デスクトップ3を作成し、行う(FTP3:サイトC接続、エディタ3、フォトショ3起動)

その他緊急別件に関する作業

デスクトップ4を作成し、行う(エクセルやパワーポイントなどを起動)

仮想デスクトップの使い方

仮想デスクトップの作成

①タスクバーにある「タスクビュー」のアイコンをクリックします。

仮想デスクトップ使い方1

②タスクビューが起動すると、現在開いているウインドウが表示されます。

仮想デスクトップ 使い方2

③仮想デスクトップを作成する場合は、画面右下にある「新しいデスクトップ」をクリックします。

仮想デスクトップ 使い方3

④「新しいデスクトップ」をクリックすると、仮想デスクトップ「デスクトップ2」が作成されました。

仮想デスクトップへは、カーソルを合わせ、クリックすると切替えできます。
(ショートカットキー「Windowsキー+Ctrlキー+カーソルキー左または右」)

なお、仮想デスクトップのショートカットアイコン等は全デスクトップで共通です。

仮想デスクトップ 使い方4

そして、一度作成した「仮想のデスクトップ」は、電源を切ったり、再起動しても保持され続けます。
素晴らしすぎてヨダレが

仮想デスクトップの削除方法

仮想デスクトップの削除方法は簡単です。

タスクビューを開き、仮想デスクトップへカーソルを合わせると、「×」印が表示されます。

削除したい場合、「×」印をクリックして下さい。

仮想デスクトップが削除されます。

仮想デスクトップ 使い方5

なお、仮想デスクトップを閉じた時に開いているプログラムがあった場合は、「デスクトップ1」へ引き継がれます。

「仮想デスクトップ」を閉じた場合、平行作業グループの分をまとめて終了してくれた方がいいと思うのは私だけ・・・?

仮想デスクトップ間の移動方法

仮想デスクトップ間でファイルやプログラムを移動させたい場合は、まず「タスクビュー」をクリックします。

次に、ウインドウサムネイルを、移動させたい仮想デスクトップへドラッグ&ドロップするだけで移動できます。

え、どうしてここではドラッグ&ドロップ出来るんですか!

Windows10でドラッグ&ドロップができない場合の対処法

仮想デスクトップのショートカット

最後に、覚えておくとさらに作業効率が上がるショートカットをご紹介します。

ショートカット キー 解説
Win + Tab タスクビューを表示します。
Win + Ctrl + D 新しいデスクトップを作成します。
Win + Ctrl + ← 手前のデスクトップに切替えます。(複数ある場合)
Win + Ctrl + → 次のデスクトップに切替えます。(複数ある場合)
Win + Ctrl + F4 現在開いているデスクトップを削除します。(複数ある場合)

いかがでしたでしょうか。

これで緊急案件が入った時も安心ですね!

決して仮想デスクトップで仕事中に「ウェブニュースを見る」、「ソリティアで遊ぶ」などの悪用はしないようにしましょう。

「ハッ!誰か来た!(Win + Ctrl + F4)」

 

0
Pocket

SPONSERD LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top